土地名義変更伝承

土地の名義変更と抵当権

サイトマップ

土地の名義変更と抵当権

ほとんどの方が土地や建物を購入する際、住宅ローンなどでお金を借りられます。

毎月、住宅ローンを返しながら生活して行くという事が普通ですが、このような場合その土地と建物は住宅ローンを全額返してしまうまで銀行の抵当権に入っている事を理解しておきましょう。

例えば、色々な事情で住宅ローンが払えなくなってしまった場合、抵当権を持っている銀行等はその土地と建物を取り上げる事ができます。

いわゆる担保なのです。

その担保がお客さんの都合で勝手に名義変更されたりすると困るので、住宅ローンを組む時の書類にもしも、名義変更をする場合は事前に銀行の承諾を得る事、という文言が入っていて印鑑も押しているはずです。

これを忘れてしまって勝手に名義を変更してしまうと後でトラブルになってしまう事もあります。

民法上は抵当権があっても抵当権者に承諾なしに変更する事ができる事になっていますが、実際は裁判沙汰にもなりかねませんので気をつけましょう。

これは、第三者に名義変更するだけではなく、離婚して財産分与などで夫と妻の名義から妻だけの名義に変える時も同じくです。

家族の中で名義を変える場合も銀行への事前承諾は必須です。

恥ずかしいから言わなかったでは通りませんのできちんと報告し、住宅ローンも滞りなく払えば問題ありません。

夫婦二人の名義になっていなくても妻が連帯保証人になっているケースが結構あります。

このような場合は名義がどうであれ夫が払えなければ妻が住宅ローンを払うようなことにもなります。
離婚の時名義を変更する前にどのようにするのかよく話し合う必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム