土地名義変更伝承

相続対策で土地の名義変更をするには

サイトマップ

相続対策で土地の名義変更をするには

土地や建物等の不動産をたくさんお持ちの方の中には相続対策としてお子さん等に土地の名義変更を行うケースがあります。

これは生前贈与と言われ、生きているうちに財産を分けておく事で自分が死んでしまってから財産を巡る争いを防ぐということもありますし、相続税対策にもなります。

また、遺言で残しても裁判などの場合、自分の意思と異なる遺産分割になる事がありますが、生前分与なら自分の意思で財産を分けることが可能です。

さらに土地の名義変更等の手続きが無くなってしまってからよりもスムーズに行われる為、相続人の負担を減らすことができます。

このような利点から最近では相続対策で名義を変更される方が増えてきています。

相続人も自分が相続する分があらかじめ分かるので不満がある場合は意義を本人に言うことができますし、亡くなってからトラブル回避に繋がるので気持ちよく財産分与を受ける事ができます。

しかし、メリットばかりではありません。

贈与税がかかりますし不動産取得税が課税されます、さらに亡くなってからに比べて登録免許税などが高いです。

さらに、いくら自分が財産分与をしたくない家族でも遺留分を考慮していない場合は、結局トラブルになってしまう事もあります。

相続対策でも税金は何らかの形で払わなくてはなりませんが、思い残すことなく家族が揉めずに暮らせるような環境を作っておく事が財産を持っている方の責務かもしれません。

前もって家族会議等で了解を貰っておくと間違いありませんし専門の司法書士さんにお願いして書類を残しておくとトラブル回避に繋がります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム