土地名義変更伝承

土地の名義変更と税金

サイトマップ

土地の名義変更と税金

亡くなって不動産を相続する場合や自分の持っている土地を生きているうちに子供に譲る場合、夫婦が離婚して財産分与をする場合など様々な理由で土地の名義変更をする場合、通常名義を変更する際に必要な登録免許税や不動産取得税の他に相続税や贈与税がかかる事をご存知でしょうか。

特に生きているうちなら無償で家族等に土地を譲る場合、税金がかからないと思い込んでいる人もいらっしゃいますが、相続税はかからなくても贈与税の対象になりますので注意が必要なのです。

日本の場合、結構贈与税が高く、例えば1000万円の土地を無償で名義変更した場合、約280万円の贈与税がかかります。

この事実を知らずに簡単に名義変更し後になって贈与税の請求が来た場合、延滞税などが付いてさらに数百万円税金を払わなければなりません。
ただし、相続時生産課税制度というものもあります>>相続時精算課税制度のあらまし|贈与税|国税庁

無償で譲っただけではなく高額な税金を払わなければならなくなるので贈与しようかと思われる際は、司法書士等にきちんと相談して一番良い方法を選びましょう。

相続税の場合は固定資産評価額によって税額が変わってきます。

評価額が高い場合相続税が払い切れずに売らなければならなくなる人も結構いらっしゃいます。

こうならない為にも自分の持っている不動産の価値を把握しておき、相続税が支払えるくらいの蓄えを持っておきましょう。

財産分与の場合も贈与税がかかりますが、夫婦間で婚姻期間が20年を越えている場合は特例措置があります。

せっかくなら税金をできるだけ払わなくて済む方法を考えてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム