土地名義変更伝承

土地売買と名義変更

サイトマップ

土地売買と名義変更

両親から譲り受けた不動産があるけど田舎なので利用する事も無いし売却しようとお考えになる方もいらっしゃいます。

土地の売買では通常不動産屋さんがやり取りをしてくれたりするので自分自身で売買の為に名義変更をすることはめったにありません。
しかし、例えば親類や知人に土地を売却してほしいと頼まれた場合等は自分で行わなければならないケースもあります。

名義変更を行う為には、まず法務局に相談する事が大切です。

法務局では必要な書類等を案内してくれます。

必要書類は全て同じではなく個々の売買のやり方によって変わってきます。

親類などに売買する場合、一般的な土地の価格より安くで売る事があります。

気持ちは判らなくもありませんが、この場合贈与税がかかることもありますので、売る前に一度司法書士さんに相談される事をおすすめします。

後になって数百万円もの贈与税支払い通知が来てからでは遅いです。

このようなトラブルを防ぐ為にも自分が所有している土地がいくら位なのかということを把握しておきましょう。

固定資産評価額は市役所などで簡単に判ります。

まずは本当の価値を知って贈与税がいくらで売るといくら支払わなければならないのか知っておかなければなりません。

また、通常の金額で売った場合でも所得税はかかります。

後で後悔しないためにもどれ位の金額が妥当なのか専門家に相談される事をおすすめ致します。

買う場合も同じくで、固定資産評価額より可なり高い金額でしか買えないような不動産は検討する必要があります。

また買う側なら普通なら名義変更は売主におまかせします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム